同僚はいろいろと詳しく知っているようで、さらに聞き出したかったのですがランチタイムが終わってしまったのです。
「今夜は一杯奢ってくれたら、いろいろと良い情報教えてもいいぜ(笑)」
いやらしい意味を浮かべながらそう言うのです。
渋々彼の条件を承知して、夜居酒屋に行くことにしました。
なんでこの同僚はそんなに詳しくいろいろと知っているのか?
もしかしてこの世界に非常に詳しい男じゃないのか?もしかしたらセフレを作ってるんじゃないか?さまざまな考えが巡っていましたが、とにかく夜まで待たなければなりませんでした。
居酒屋の暖簾をくぐりビールで乾杯して、昼間の話の続きを聞きだしていったのです。
「無料の出会い系とか掲示板というのは、誰もが利用したいと思うだろう。
それに、料金が必要ないから誰でも使うことが可能なんだよ。
だからこそ、危険なんだな」
「そういうものなの?」
「現にお前が被害にあったじゃないか。
あれは、典型的な美人局だよな。
それにさ、実際にセックスをすることができる女をみつける事をできるが、それは援デリ業者だな。
ホ別2という条件を付けて女を派遣しているんだけど、かなり危険だから手を出さない方がいい」
こんなに詳しい内容を知っているなんて思いませんでした。

「なんでそんなこと知ってんのよ?」
「君と違ってセフレ募集の達人だからな(笑)」
やはり彼はセフレを作って楽しんでいるらしいのです。
だったら彼に秘訣を教えてもらうことで、自分にも本物の女性をみつける事ができるかもしれないと思いました。
「有料のサービスは皆んな回避しようとするだろう、しかしそれは間違った考え。
有料の出会い系の中でも、優良って言われている出会い系サイトを使うことによって、本当に素人の女性と知り合うことは可能だからな。
俺が使ってるサイト教えてやるよ。
PCMAX、ここはセフレを作るのには一番適しているから、安心して利用してみな」
出会い系サイトの名前も教えてもらうことができちゃって、すぐに検索してお気に入り登録しておきました。